« 2008年2月 | トップページ

2008年3月

2008-03-01

いつか眠りにつく前に

ヴァネッサ・レッドグレーヴの美しさに圧倒。
死を迎えようとしている痩せきった青白い顔なのに、
若い頃に恋した彼を思い思わず微笑む表情や、
娘が悩んでいる事を誰より先に気づき、慰める母の表情、
どれも本当に美しい。
いい人生を送ったから、あの表情があるんだと思えた。
女であり、母であり、必死に生きた顔。
そのすばらしさを表情で演じていてジーンとした。

「人生に過ちはない」

メリル・ストリープが言うと説得力があり、
多少間延びしていたストーリーが一気にまとまったのはさすがだ

私は最期に何を後悔するんだろう?
最後に会いたいと思うのは誰だろう?

これから先の人生なんて誰にもわからないけど、
予想がつかない人生の中、後悔しないように生きたい。
そんな事を考えた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ