« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007-11-28

サルサ

ずーっとサルサ教室に誘われていて、
ホットなダンスの魅力と、知らない男性と踊ることが、
プラスマイナスでマイナスが微勝利し、断り続けていたが、
とうとう体験することになった。

そう、まだ体験してない。約束しただけ。

でも、ビックカメラに行って、iPotコーナーに流れているCMを
見ると(=サルサの映像)少しづつ盛り上がってしまうってのは、
実はかなりヤル気なのか?

知らない男性と踊ること、鼻が敏感なので相手が年配だったら
どうしよう、、、、加齢臭に耐えれるだろうか。。。
とか悩みはあるけど、

基本的に悩むのは苦手。石橋叩くのも面倒だし。
1杯ひっかけて、サルサ踊ってみよ。

Shall we Danceの展開になったらどうしよう☆(妄想)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-27

模様替え

ソファーを処分した。

特別気にいってた訳ではなかったけど、
一応総革張りで、とても肌感が良かったし、
ソファーがないと不便な気がして。

でも思い切って捨てて良かった。
部屋がスッキリしていい!

窓側のスペースがこんなにも変わるとは思わなかった。

まるで「パリジェンヌのアパートメント」みたい~☆(自称)

古い建物なので窓は小さめ、
二段になってて、下窓のすりガラスの部分は棚になる。
そこに、キャンドルとフレングランスを並べて、
赤のチェックのミニアルバムも加えて、
窓枠から、レースのリボンやトーンを合わせた巻物をぶら下げて、
買いすぎてたまってしまった、ビースのネックレスを置いて。

西向きの小窓なので強い日差しが入らないのも相成って、
1人でうっとり幸を堪能。

温かい紅茶とお菓子に音楽。

クリスマスの飾りつけは、キャンドルを増やすだけにして、
シンプルなデコレーションにしようかなー。って思案中。

って、写真がないと伝わらないか。そのうち、、、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-20

横浜中華街

何年ぶりかに横浜中華街に行った。
正確には、所要を済ませたので立ち寄った。
いや、、本来の目的は中華街に行くことだったかも??

そして、めくるめく女談議。。

最近、「会わせ屋」というのが流行ってるらしく、
元カレ、元カノに会って、復活愛するらしい。

「会いたい人いる?」ってQ&A
私の答えはNOです。
会ってみて、相手がデ○かハ○って展開はみえみえだし、
私も確実に「変異」してるもん。
がっかりしたくない。
再度ときめく確立にかけるよりは、思い出のままで。

でも、「会いたい!!」と強く望む友人1名。
理由は、「ここまで立派になれた私を見せて見返してやりたい」
どんだけ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-11-18

25ans

今日は土曜日。

日本在住の仏人と少し早めのランチ。
ボージョーレーとフレンチを頂きながら異文化交流。

午後は、外苑をドライブしながら表参道でお茶。
今期気になるファッション談議。
やはりお互いのファッションには興味深々。

友人と別れた後は、bunkamuraへ。
Kバレエ団主催 「白鳥の湖」を鑑賞。
総合芸術に改めて感動。

その後、渋谷でイタリアンを。
どれもおいしそうな前菜に迷い5種類もチョイス。
内装もスタッフも素敵で大満足。

って、感じでまとめて見ました。すごいでしょ!!

ウソはないけど、実態は随分違います。
ランチの異文化交流は、さほどオシャレではなかったし。
ドライブはかなりスリリングだった。
バレエは素敵だったけど、私には「白鳥の湖」は
つっこみ所満載。次回はラブストーリーではない
くるみ割り人形が私のキャラだなって思いました。

でも、たまにはこんな土曜日もいいもんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-15

ボージョレーヌーボー解禁

ボージョレーヌーボーのレセプションパーティーに行きました。
仕事が片付かなくて遅刻したら、料理があまり残っていなくて残念!


でも、今年のワインは美味しい♪
最初は酸味が強いけど、飲んでいく過程を楽しめる。
ユーロ高のせいで例年より値段が上がるだろうと予想し、
たくさん飲んでしまいました。

味は軽いけど、アルコールに変わりはないので、
明日に影響しそう。。。食いしん坊はいけません。

実は、、、昨夜もボージョーレーヌーボーを飲んだ。
出されたおつまみの銀杏に最初驚いたけど結構イケル。
和食とボージョレーって合うのね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007-11-10

タロットカード殺人事件

先月から映画復活!!
でも、以前ほど観れてないので、スポットで紹介♪

「タロットカード殺人事件」

ウッディ・アレンの作品は、いい意味で一癖ある。
それがとーっても私好み。
今回も期待を裏切らない仕上がり。

新しすぎず、古すぎず。ある程度フツーな仕上がり。

若い頃だと、たぶんこうは思わない。
時間の無駄だとさえ感じるかもしれないのに。

この年齢になると、「敢えて」いいと感じるのかな。

一緒に観た友人もまったく同じ感想で、
いつもなら、どっぷり飲んじゃう二人だけど、
大人に映画を語り合いました。これも映画のおかげ☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »